トラブルサポート

ガスは安全に使ってこそお役に立つものです。ガス警報器が作動したり、いつもと違うことに気がついたら、下記の事項を実施いただき、すぐに沖ガスまでご連絡ください。

ガスくさいとき

LPガスは本来、無臭ですが、ガスが漏れた時にすぐに気づくように、ガス特有の臭いをつけています。
ガス臭いと感じたら、以下の手順に従い、沖ガスまでご連絡ください。

(1)火気は絶対使用しないで

火気厳禁

(2)ガスを外に追い出して

  1. ガス臭いと感じたら、戸や窓を大きく開けてください。LPガスは空気よりも重いため、低い所に溜まったガスにもご注意ください。
    戸や窓を大きく開けて
  2. すべての器具栓、ガスの元栓を閉めてください。
    元栓を閉めて
  3. 容器バルブは必ず閉めてください。
    容器バルブは必ず閉めて

(3)ガス漏れの状況をすぐ連絡

火気厳禁

ガス漏れの状況をすぐに、沖ガス(098-939-4635)までご連絡ください。
24時間、365日体制で緊急事態に対応します。

  1. お名前と住所、その場の状況をお知らせください。
  2. お電話での指示に従い、安全確認が済むまでガスは使用しないでください。

ガスが出ないとき

ガスが突然止まったら

LPガスの流れや圧力などに異常があるとガスメーター(マイコンメーター)が自動的にガスを遮断し、液晶表示部には遮断の原因が表示されます。

遮断の原因1
  • 長時間の使用
  • ガス消し忘れ
遮断の原因2
  • 震度5相当の地震が発生
  • メーターに衝撃が加わった等で遮断した時
遮断の原因3
  • ガスの圧力が低下した時
遮断の原因4
  • ゴム管などのはずれ
  • ガス栓の誤開放
  • ガス機器の買替え等で遮断した時

【復帰の方法】ガス利用の再開は、次のような手順で行ってください。

復帰方法

地震がおきたとき

地震が発生したら、その時の対応は!

  1. 身の安全を確保し、自分の身を守りましょう!物が落ちてきたりするので、揺れが収まるのを待ちます。
    身の安全を確保
  2. ガスを使用しているときは、揺れがおさまってから器具栓を閉めてください。
    ガスを使用中に震度5相当以上の強い地震が起きたときは、ガスメーターが自動的にガスを遮断します。
    ※ガスを使用していないときは、ガスを遮断しない機能になっています。
    器具栓を閉めて

地震発生後の注意事項

火気厳禁

※家屋等に被害が発生した地域では、ガス漏れや容器の点検を順次行いますので、点検の際にはご協力をお願い申し上げます。

※地震時の対応については、地震時対応LPガス保安ガイドもご覧ください。

おすすめリンク

  • Takara standard
  • paloma
  • クリナップ
  • 株式会社白石
  • Kanucha Resort
  • LPガス安全委員会
  • 沖縄県高圧ガス保安協会
PR1
PR2
▲ TOPへ